野球コーチングもご依頼いただけます

筑後、那珂川、佐賀唐津、佐賀嬉野、佐賀小城の地域にて野球コーチングも行っています!対象:年少~小学4年生
詳しい会場・メニューなどはこちらをご覧ください。
詳しい会場やメニューはこちら

幼児期~低学年は『土台づくりの時期』です

野球を好きになる → 『精神的な土台』

どんなに能力が優れていて、素晴らしい技術を身につけたとしても、野球を嫌いになってしまえば全てが台無しです。
また、「好きこそ物の上手なれ」という言葉がある通り、実際に野球を好きになると、きつい練習でも一生懸命頑張れたり、練習のない日でも自分で練習したりと上達に繋がっていきます。
野球への入り口であるこの時期の子どもたちにとって、第一に大切な土台です。

様々な運動動作の経験 → 『能力的な土台』

この時期の子どもたちには、多種多様な動きを経験させることで神経系を刺激し、運動能力・運動神経を高めることが必要です。
目先の技術だけにとらわれず、将来を見据えて大きく立派な家が建てられるよう、しっかりとした土台を作ることは、この時期の子どもたちにとってとても大切なことなのです。

基本技術の反復 → 『技術的な土台』

子どもたちは、技術を身につけることによって野球がどんどん楽しくなります。
また、高学年になって本格的に野球を始める時にスムーズに練習に入っていくためにも、基本的な技術を身につけておくことは重要です。
野球をやる上でのしっかりとした基礎工事の部分と言えます。

野球教室では「こどもの発育発達に応じた指導を実施します」

幼児期~低学年のこどもは好奇心旺盛で、様々なものに興味を持ちますが反面、集中力は長く続きません。
そういったこどもの特徴を把握した内容・練習を行います。
また、この時期のこどもは神経系が急激に伸びます。スキャモンの発育発達曲線によると6歳ごろまでには成人の90%に達します。
多種多様な動きで神経系を刺激することがとても大切です。